消防の教科書

消防の教科書~消防自動車等の種類について

消防士が使用する自動車等はすぐ思い浮かぶもので赤い自動車ですよね!

「それ以外はどんな自動車等があって、何種類あるのだろう?」

と思いますよね!実は消防士が使用する自動車等は目的に合わせた種類がいくつも存在しています!

今回はそちらを紹介していきたいと思います!

消防自動車等の種類

一般財団法人 全国消防協会

消防の教科書 消防機械器具既論を一部引用参照させていただきます。

①ポンプ装置を搭載した消防用自動車(ポンプ車)

トラックシャシなどにポンプ装置を搭載したもので主に火災の消火に使用する自動車です

②水槽を搭載した消防用自動車(水槽付ポンプ車)

ポンプ車に水槽が搭載しており、火災現場の直近に部署して即座に放水する場合等に使用する自動車

③消火薬液混合装置等を搭載した消防用自動車(化学車)

薬液混合装置や液槽などを搭載しており油脂火災や化学薬品などの火災で泡消火薬液等により消火を行う

④はしご装置等を搭載した消防用自動車(はしご車)

ビルなど高い場所の人命救助や高所からの放水などを行う自動車

はしご付き消防ポンプ自動車、屈折はしご付き消防ポンプ自動車、大型高所放水車などがあります

⑤救助機器等を搭載した消防用自動車(救助工作車)

火災、交通事故、工事現場や工場等での人身事故などで活躍する自動車

ウインチ、クレーンの装備品や積載している各種の救助資機材を活用し人命救助活動を行います

⑥消防活動を支援する消防用自動車(支援車)

長時間活動における隊員への食糧提供や、災害現場に資機材や人員を搬送する等の消防活動を支援する自動車

直接消火活動は行わない

⑦防災指導などを行う車両

住民に対する消火技術や応急救護技術の普及・向上や火災予防思想の普及等を行う車両

査察広報車、起震車等がある

⑧傷病者等を搬送する車両(救急用自動車)

交通事故や屋外・屋内での各種火災等で発生した傷病者等を医療機関に搬送する車両

⑨ポンプ装置を有する船舶(消防艇)

船舶火災や沿岸の建物火災の消火、水難救助活動を行うもの

化学消防艇、指揮艇などの種類がある

➉消防ヘリコプター

高層ビル火災や水難事故の救助活動、山林火災の消火活動、災害時における上空からの部隊指揮支援及び離島からの傷病者の搬送等に使われる

実際どんな車両があるか見てみましょう!

ポンプ車 救急車  屈折はしご車  消防艇  消防ヘリコプター  レッドサラマンダー

を紹介しています!

 

まとめ

いかがでしたでしょう。

火災状況に応じて車両も様々なものが制作されているのがわかりますね!

陸以外の火災でも活動できるよう船やヘリコプターがありましたね!

また各車両の中で何種類かに分類されているものもあるようです!

テレビニュースなどで観たものもあれば知らなかった車両まで様々目的にあった車両がありましたね!

今回の記事でこんな車両があるんだと知ってもらえたなら幸いです。

 

関連記事